ロタールのVRC備忘録

VRCで体験したこと、みたものを備忘録のように記録していきたい(願望) ツイッター:https://twitter.com/home

初めてのVRC

私の初VRC体験をお話する前に、もしかしたらVRCが何かよく知らん!!って人が見に来てるかもしれないので、簡単に説明しようと思います。

  • 世界中の人々と交流する
  • 新しいアバターを試して、アイデンティティを試します
  • 多くのユーザーが、VRChatが社会不安の克服に役立ったと報告しています
  • 長続きする友情を築く
  • 自分を表現
  • 世界を構築し、人々を招待する
  • プレイして楽しむ

以上、VRChat公式サイト( https://www.vrchat.com/ )より引用。

このような様々なメリットがあるゲームだそうです(笑)まぁ名前の通り、世界中の人とコミュニケーションをとれ、VRという比較的新しい技術に触れることが出来るゲームと言えるでしょう。

VR機器を使用している人が多いそうですが、デスクトップでも遊ぶことが出来ます。私もその一人です(笑)

さてさて、そろそろ私の初、VRCについて書いていこうと思います。

もうほんと右も左も分からない状態で言われるがままにVRChatのアカウントを作成していざ!入ってみると、誰もいない質素な部屋に召喚されました。

後から知ったことですが、ここがマイルームと言うやつだそう。とりあえずどこかのワールドに行ってみよう、そう思った私はメニューで目についた[JP] Tutorial Worldと言うワールドに突入! チュートリアルって書いてあるし、ここに行けばなんかわかるのでは、と思ったわけです。

入ってみたワールドはまさにチュートリアル用のワールドと言った様子で、楽しみ方やメニューの見方(全部英語です)が丁寧に書かれていました。

ゆっくり説明を見ていると、突然ッ!後ろから誰かの声ッ!

振り向いてみるとそこには見知らぬ誰かが立っていました。

めっちゃ気さくに話しかけてくれたので少し狼狽えながらも答える私。どうやら私が初心者というのを知って、話しかけてくれたようです。(初心者はネームプレートが白いそうです)

少し立ち話をして、初めてのフレンドになりました。パニックさんと言うお方です。

話しかけてくれて有難い!一人でちょっと心細かったから嬉しい!こんなに優しい世界なのか!と思っていたら、彼曰く、「自分はそんなに親切じゃない、レア度で言ったらノーマルレア」だそうで……これ以上に親切な人がいるのかと感動しかけました。

一通りチュートリアルを読み終えて、先ほどパニックさんに日本人が多いワールドと教えられたファンタジー集会所に突入!

そこは中々にレトロな雰囲気な如何にもファンタジー世界の飲み屋と言った様相の狭いワールド。しかしそこにはあちらこちらにカワイイ、カッコいい、よく分からないアバターがいました。

そんな新世界に目を輝かせながらも、コミュ障を発揮してなかなか声を出せない私。と、そこに唐突に大蛇丸が現れました。

「優勝だ!」やらなんやら声が上がり、何人かが彼に注目。しばらく話さなかった大蛇丸ですが、まだボイスチャットの使い方が分かっていなかったようで、ある方から「Vを押すとマイクオンになるよ」と言われると少しずつ話し始めました。見ると大蛇丸もネームプレートが白。私と同じ初心者だったようです。

ぼんやりと大蛇丸がいろいろ教えられて先ほど私のいた[JP] Tutorial Worldに行くのを眺めていると、横にいたUnityちゃんと目があいます。

「こんにちはー」と声をかけられまたもやあたふた答える私。このUnityちゃんはアマタイトさんと言う方で、とてもお優しい方でした!

ですが暫くして、先ほどの初心者大蛇丸さんが戻ってきてしまいました。どうしたのかと聞かれるとうまくワールドに行けなかったそうで……それを聞いたアマタイトさんは大蛇丸を連れてTutorial worldへ!どうやら直々に説明をするようです。先ほどチュートリアルは終えた私ですが、正直まだよく分からんところがあったのでついて行くことに……そのことを邪険にするでもなく、親切に私にも説明してくれました。

一通り説明が終わって、記念撮影!すると、どこからともなく人がやってきて、大勢での記念写真になりました(笑)

f:id:Lothar:20200115013309p:plain

上の写真がその時の記念写真ですね。真ん中でしゃがんでるロボっぽい女の子が私です。

その後は数人で雑談。ちょっとした豆知識のようなものをたくさん教わりました。

f:id:Lothar:20200115013345p:plain

こんなことまで起こるんですよね。VRCでは。この女の子のアバターは超ビックなのですが、なんと彼女たちに乗ることが出来ます……!手の上や肩、さらには谷間にも……なんとも夢がありますね(笑)

そんなこんなでフレンドも沢山出来て大満足な一日目でした!これからが楽しみになりますね